Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 201 to 220 of 1469)
(showing articles 201 to 220 of 1469)

Channel Description:

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

older | 1 | .... | 9 | 10 | (Page 11) | 12 | 13 | .... | 74 | newer

    0 0


    経済産業省が旗振り役となって始まった金曜日の仕事時間を短くする「プレミアムフライデー」ですが、あまりにも評判が悪いことを受けて、新しく月曜日の午前休を「シャイニングマンデー」と呼ぶ方向で検討していることが分かりました。

    報道記事によると、プレミアムフライデーで実際に早く退社した人は全体の11.2%に留まっており、殆どの労働者は普段どおりに勤務している実態が判明したとのことです。
    そこで政府は忙しい月末の金曜日から月曜日に変更する案の検討を開始。

    月曜日の休みを推奨する場合は「シャイニングマンデー」となる見通しですが、国民からは「違うそうじゃあない」「本質的な問題が解決していない」「名前もダサすぎる」などと批判の声が相次いでいました。

     

    次は「シャイニングマンデー」 いっそ全曜日に…(2018/07/30 18:56)
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000132919.html

     


    経済産業省は30日に27日金曜日の振り替えとして、職員の約3割が午前休を取りました。プレミアムフライデーは、2月の調査では認知率88.5%に対し、実際に早く退社した人は11.2%にとどまっています。経産省では「月末の金曜日は忙しい」という指摘があったとして、別の曜日への変更を推奨すると同時に、月曜日の午前休を「シャイニングマンデー」と呼ぶことも検討しています。


    0 0


    成田空港でエア・カナダ機が建設中の誘導路に誤進入し、つい先程まで立ち往生状態が続いていました。

    報道記事によると、誤進入があったのは30日午後3時40分ごろで、カナダのモントリオール発・成田行きのエアカナダ5便(ボーイング787型機)が、建設中で舗装されていない誘導路に侵入したとのことです。
    誘導路はまだ固まっておらず、侵入した機体が柔らかい誘導路にハマって動けない状態になりました。

    乗客は5時間以上も降りることが出来ない状態となり、先程にやっと機体のけん引作業が終了した形です。滑走路の閉鎖は徐々に解除され、23時ごろから利用が再開されています。

     

    成田空港 B滑走路の閉鎖続く エア・カナダ機をけん引
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180730/k10011556721000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

    30日午後、エア・カナダ機が成田空港に着陸したあと、誤って建設中の誘導路に入って動けなくなり、この影響で2本ある滑走路のうちB滑走路がおよそ5時間にわたって閉鎖されています。機体は駐機場に到着し、乗客は降りましたが、滑走路の運用はまだ再開していません。


    0 0


    7月20日の衆議院本会議で野党が内閣不信任案を提出した時に、立憲民主党の枝野幸男代表が行った演説が書籍化することになりました。

    枝野代表は内閣不信任案の提出時に2時間43分の演説を行い、安倍政権の問題点を強く強調します。この長さは衆議院の歴史の中でも過去最長であり、それを「緊急出版! 枝野幸男、魂の3時間大演説『安倍政権が不信任に足る7つの理由』」というようなタイトルで書籍化することが決定となりました。

    すでにAmazonでは予約が開始され、書籍の予約ランキングで一位を獲得しています。扶桑社は初版1万5千部に加え、30日に1万部の重版を決め、今も予約数が激増している状態です。

     

    緊急出版! 枝野幸男、魂の3時間大演説「安倍政権が不信任に足る7つの理由」
    https://www.amazon.co.jp/%

    枝野氏の2時間43分演説、書籍化 アマゾンで1位に
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180730-00000078-asahi-pol

     立憲民主党の枝野幸男代表が7月20日の衆院本会議で行った2時間43分に及ぶ内閣不信任決議案の趣旨説明が本になり、扶桑社から出版される。ネット販売大手のアマゾンでは一時、本の予約で1位に。立憲の福山哲郎幹事長は30日の定例会見で「国民に知って頂く機会になる」とアピールした。


    0 0

    *文科省
    またもや文科省の職員で不祥事が発覚しました。報道記事によると、京都の大学に出向していた40代の文科省の職員が、保護者から預かった後援会の会費およそ770万円を横領していたことが判明したとのことです。

    すでに文科省は懲戒免職処分を決定しており、この職員は「ついやってしまった。横領した金は遊興費に使った。周りに迷惑をかけた」などとコメントしていると報じられています。

    文科省では今月に幹部が相次いで収賄の疑いで逮捕されたばかりで、再び文科省の職員が不祥事をしたとして世間からも反発の声が強まっているところです。

    ただ、同時に他の省庁でも同じような不祥事が行われていたことを疑う声も多く、文科省の問題点だけが表面化していることに疑問を投げ掛ける意見も少なからずありました。

     

    また文科省職員が… 保護者から集めた770万円横領で懲戒免職
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180730/k10011556301000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

    文部科学省の40代の職員が、京都の大学に出向していた際に保護者から預かった後援会の会費およそ770万円を横領していたことがわかり、30日付で懲戒免職となりました。


    0 0

    *官邸
    7月31日の今日は安倍晋三首相が全ての活動を止めて、総理大臣官邸には入らず休暇を取ることが分かりました。定例の閣議も開かれず、関係者からも「年末年始やお盆の時期などを除けば定例の閣議を取りやめるのは珍しい」というような声が飛び出ています。

    菅官房長官は「政府は危機管理や災害対応などには万全を期している。そうした中で、総理に限らず休める時は休んだほうがいいと思っている」などと発言し、政府対応としては問題がないと強調していました。

    ただ、安倍晋三首相はこの前の被災地訪問などで足の痛みを訴えていたことから、この休暇をキッカケに体調不良説も浮上しているところです。

    一方で、NHKの報道記事には「安倍総理大臣は西日本を中心とした豪雨で大雨の特別警報が出された今月6日以降、豪雨や台風12号の対応に連日当たっていて、短い休暇をとり英気を養うことにしたものとみられます」というような記述があり、何故か安倍首相がずっと災害対応をしていたかのような表現になっていました。

    実際の対応を見てみると、災害対策本部の設置が遅かった上に、7月6日時点だと赤坂自民亭で飲み会をしていた場面です。

     

    安倍首相きょう休暇 閣議も開かれず
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180731/k10011556891000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

    安倍総理大臣は西日本を中心とした豪雨や台風12号への対応に連日当たってきましたが31日、総理大臣官邸には入らず休暇を取ることにしていて、定例の閣議も開かれないことになりました。


    0 0


    日本銀行が7月31日の会合で金融緩和策の一部を修正すると発表しました。

    日銀は大規模な金融緩和策の副作用を和らげるとして、長期金利の変動が拡大することを容認すると表明。声明の中で「金利は経済・物価情勢などに応じて上下にある程度、変動しうるものとする」などと述べ、日本銀行は0%を維持していた国債の利回りを見直すと明らかにしました。

    当初は大規模な金融緩和策を中止するとの情報もあっただけに、今回の決定を受けて市場では金融緩和策の持続を期待して買い注文が広がっています。

    ただ、金利の上昇を容認したことはそれだけ切羽詰まっている状況が近付いていることを示唆していると言え、金融緩和策の限界が目の前に来ている可能性が高いです。
    今回の政策は住宅ローンなどの変動幅にも影響があると見られ、将来的には爆弾となる要素も含んでいます。

     

    日銀 長期金利の一定の上昇容認する新たな措置
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180731/k10011557321000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

    日銀は、31日まで開いた金融政策決定会合で、今の大規模な金融緩和策を一部修正し、長引く金融緩和による副作用を和らげ、金融緩和の持続性を強化するため長期金利の一定の上昇を容認するなどの新たな措置を取ることになりました。


    0 0


    自民党の杉田水脈議員がLGBT(同性愛者)について「生産性が無い」などと発言した問題で、最大野党の立憲民主党は同性婚を認める法案の作成を検討していることが分かりました。

    立憲民主党の福山幹事長は記者会見で、「LGBTの皆さんが生きやすく、理解が広がった社会にするべきだという世界の潮流がある中で、全く時代遅れの無理解な人権無視の発言だ」と述べ、杉田水脈議員の発言を強く批判。
    その上で、あらゆる場面での差別解消など人権の確保・確立を目指した同性婚を認めるための法案を立憲民主党が検討していると報じられています。

    立憲民主党は同性婚について「可能とするよう法的整備をすることに憲法上の支障はないものと認識する」などと強調しており、秋の国会で何らかのアクションをすることになりそうです。

    一方で、世論を見てみると同性婚の容認は賛否両論で、同性婚に反対している意見も根強くあります。

     

    立民 同性婚を可能にする法整備を検討へhttps://www3.nhk.or.jp/news/html/20180730/k10011555561000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

    LGBTと呼ばれる人たちの人権の確立につなげるため、立憲民主党は、同性どうしの結婚を可能にする法整備に憲法上の支障はないとして、具体的に検討していくことにしています。

    「LGBT 生産性ない」自民 杉田議員の発言に野党から批判
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180730/k10011556641000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

    自民党の杉田水脈衆議院議員が、LGBTと呼ばれる性的マイノリティーの人たちについて、「『生産性』がない」などという考えを示したことに対し、野党側からは「議員の資格がない」などと批判が相次ぎました。


    0 0

    31日17時42分に福島県沖でマグニチュード5.4の地震が発生しました。最大震度は「4」で、震源は地下約20kmとなっています。この地震による津波の心配はありません。

    今回の揺れは東日本の広い範囲に伝わっており、東京でも震度1の揺れを観測しています。

     

    地震情報
    https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/


    発生時刻 2018年7月31日 17時42分ごろ
    震源地 福島県沖
    最大震度 4
    マグニチュード 5.4
    深さ 20km
    緯度/経度 北緯37.2度/東経141.3度
    情報 この地震による津波の心配はありません。
    震度4
    宮城県 岩沼市  東松島市  大崎市  色麻町  宮城加美町  涌谷町
    福島県 相馬市  南相馬市  天栄村  双葉町  新地町

    高感度地震観測網
    http://www.hinet.bosai.go.jp/hypomap/?ft=1&LANG=ja


    0 0


    文科省が私立大学の運営方針を見直すと発表しました。NHKによると、経営難の私立大学が増加しているとして、債務超過の可能性がある学校は学校法人の解散や学生の募集停止などの指導を行う方向に切り替えたとのことです。

    私立大学は全体の4割が定員割れとなっており、少子高齢化の影響でこれからも大きく減ると予想されています。学校法人だけは増え続けている状態で、これに文科省が危機感を持っていることを示しているとも見ることが出来そうです。

    ただ、安倍晋三首相の友人が運営している加計学園には政府が多額の支援を行ったりと、政府対応のチグハグさも目立っていると言えるでしょう。

     

    経営難の私立大は募集停止や学校法人解散に 文科省
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180731/k10011556801000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

    経営が厳しい私立大学が増える中、文部科学省はこれらの大学に対し債務超過の危険性などが確認できた場合、学生の募集停止や学校法人の解散といった指導を行うと通知しました。


    0 0


    福島県の国道114号で非常に高い線量を測定したことが分かりました。

    この放射能測定を行ったのは秋田放射能測定室で、国道114号の津島ゲートから浪江IC間(約27キロ)までの区間を測定した結果、16.33uSv/h(マイクロシーベルト毎時)というような高線量が確認されたとのことです。

    環境省では除染の要件を0.23μSv/h以上の地域と定めており、今回の福島で計測された数値は基準値の71倍となります。測定は車内から行われ、複数の地点で同じように10uSv/hを超えるような場所がありました。

    国道114号は2017年9月に日本政府が「福島県全体の復旧・復興にとって重要な道路である」として通行止めを解除した場所です。かつては帰宅困難区域として指定されていましたが、今だと通行証の所持・確認を要せずに当該区間を通過することが出来ます。

    ちなみに、政府側が測定結果として発表している数字だと、国道114号の線量は平均1.85uSv/hとなっていました。

     

    ↓国道114号の測定動画

    国道114号線(津島ゲート-浪江IC間) 帰還困難区域の線量測定
    https://beguredenega.com/archives/16947


    帰還困難区域・・・
    それは、原発事故によるすさまじい放射能汚染により、人間が住むことができなくなってしまったエリア。

    今回はその放射能汚染実態を探るべく、国道114号線を津島ゲートから浪江ICまでの区間、高感度な線量計を用いて測定したものをここに公開します。

    そして、この道路は許可なく誰もが通行できる道路になります。

    動画は30分近くとなっていますが、こういった厳しい現実がそこにあることがわかります。お時間がある方は、ぜひゆっくりとご覧になっていただけますと嬉しいです。

    東京都 国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠
    http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/policy_others/radiation/view/men.html

    国(環境省)が示している毎時0.23マイクロシーベルト(μSv)の算出根拠について
    環境省では、放射性物質汚染対処特措法に基づく汚染状況重点調査地域の指定や、除染実施計画を策定する地域の要件を、毎時0.23マイクロシーベル ト(μSv)以上の地域であることとしました(測定位置は地上50cm~1m)。この数値は、追加被ばく線量年間1ミリシーベルト(mSv)を、一時間あ たりの放射線量に換算し、自然放射線量分を加えて算出されています。 (詳しい計算は※の通り)

    政府資料 国道114号、県道34号及び県道49号の帰還困難区域の特別通過交通制度の対象ルート追加について
    http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/kinkyu/hinanshiji/2017/pdf/0915_01.pdf

    国道114号、国道399号、国道459号、県道49号及び県道34号における帰還困難区域の線量調査結果について
    http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/kinkyu/hinanshiji/2017/pdf/0915_04.pdf


    0 0

    *谷川議員
    自民党の杉田水脈議員が雑誌のインタビュー記事で「同性愛者は非生産的」と発言して物議を醸していますが、今度は同じく自民党の谷川とむ議員からもLGBTを批判する発言が飛び出してきました。

    問題の発言は7月29日に放送されたAbemaTVの番組「千原ジュニアのキング・オブ・ディベート」であり、同性婚の議論中に谷川議員は「同性婚や夫婦別姓といった多様性を認めないわけではないんですけど、それを別に法律化する必要はないと思っているんですね。趣味みたいなもので」などと発言。

    この発言を受けて番組がざわつくことになりますが、谷川議員は更に続けて「男の人と女の人が結婚をして子を授かって、家族という形態が出来て。大昔から皆さん同じようなことをして、国を衰退させないように、国が滅びないようにしてきたわけですよね。これは極端かもしれませんが、だからそういうものに対して、わざわざ法律を作って結婚して婚姻関係を結ぶ、ということに僕は意味がちょっと分からないんですよ」ともコメントしました。

    文脈的には杉田水脈議員の「生産性が無い」とほぼ同じ意味で、またもや自民党議員からLGBT批判の言葉が飛び出てきた形になります。

     

    自民・谷川とむ議員「同性婚や夫婦別姓は趣味みたいなもの」 同性婚・選択的夫婦別姓に慎重姿勢示す
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180731-00010003-abema-pol

     7月29日に放送されたAbemaTV『千原ジュニアのキング・オブ・ディベート』で、作家の乙武洋匡氏による「同性婚・夫婦別姓など結婚の多様性を認めない国の姿勢はおかしいのではないか」という意見をめぐり、激論が繰り広げられた。


    0 0


    7月31日にシリアで拘束された安田純平さんと思われる男性の新映像が公開されましたが、これについて日本政府は本人である可能性が高いと発表しました。

    公開された映像には髪の毛が伸び切って白髪になったアジア人男性が写っており、「きょうの日付は2018年7月25日。とてもひどい環境にいます」などと発言。助けを求めると同時に、自らの名前を韓国系の「ウマル」と名乗っていました。

    8月1日の記者会見で菅官房長官は映像を本人であると見ているとした上で、「政府としては、邦人の安全確保は最大の責務で、こうした認識の下に、引き続きさまざま情報網を駆使して全力で対応に努めている」と述べ、救出に向けて尽力する方向で動いているとコメントしています。

    ただ、日本政府は1年以上も安田純平さんを放置状態にしていたこともあり、本当に助ける気があるのか疑問の声も多いです。

     

    シリアで不明の安田さん「新映像は本人と認識」官房長官
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180801/k10011558841000.html


    シリアで武装組織に拘束されていると見られる、フリージャーナリストの安田純平さんと見られる映像が投稿されたことについて、菅官房長官は記者会見で、安田さん本人と見られるという認識を示し、解放に向け引き続き全力を尽くす考えを示しました。


    0 0


    7月に発生した大豪雨と猛暑について、気象庁が「異常気象だった」との見解を示しました。

    8月1日の記者会見で気象庁は「7月の豪雨と猛暑は、30年に1度以下しか発生しない現象とみられ、『異常気象だった』と考えられる。地球温暖化が進む中、この先も顕著な現象が起こる可能性があり、注意が必要だ。また、今月も中旬にかけて気温が高い状況が続く見込みで、熱中症に十分注意してほしい」と述べ、非常に稀な異常気象が多発した月だったと強調。
    今月も同じように猛暑が続く可能性があるとして、熱中症や脱水症状に警戒を呼びかけました。

    先月は高知県の馬路村魚梁瀬で1319.5ミリ、岐阜県郡上市ひるがので868ミリ、広島県呉市で465ミリなどと過去に例がないほどの大雨を観測しています。
    気温の方も埼玉県熊谷市で41度1分となり、こちらも過去最高気温を更新しました。

    同時に過去最高気温と史上最多雨量を観測した月になったと言え、正に異常気象と災害の一ヶ月になったところです。今年の夏は世界的にも猛暑が続いている傾向が見られ、今後も引き続き注意が必要だと言えるでしょう。

     

    7月の猛暑と豪雨「異常気象だったと考えられる」気象庁
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180801/k10011559431000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

    先月は平均気温が東日本で統計開始以来、7月としては最も高くなったほか、西日本も過去2番目に高くなり、記録的な暑さとなりました。

    7月の天候 報道発表日 平成30年8月1日
    https://www.jma.go.jp/jma/press/1808/01a/tenko1807.html


    2018年(平成30年)7月の天候の特徴は以下のとおりです。
    北・東・西日本では気温がかなり高かった
    太平洋高気圧の勢力が日本付近で強かったため、北・東・西日本では月平均気 温がかなり高く、東日本では、7 月として 1946 年の統計開始以来第 1 位、西日 本では第 2 位の高温となった。また、23 日には熊谷(埼玉県)で日最高気温が 41.1℃となり、歴代全国 1 位を更新した。

    「平成 30 年 7 月豪雨」が発生
    梅雨前線や台風第 7 号の影響で、西日本を中心に全国的に記録的な大雨となり、 「平成 30 年 7 月豪雨」が発生した。また、北日本日本海側と西日本太平洋側お よび沖縄・奄美で、月降水量がかなり多かった。
    東日本と西日本日本海側では日照時間がかなり多かった
    東日本と西日本日本海側では、太平洋高気圧に覆われて晴れた日が多かったた め、月間日照時間はかなり多かった。東日本日本海側の月間日照時間は、7 月と して 1946 年の統計開始以来第 1 位の多照となった。


    0 0


    再びシリアで拘束されたジャーナリストの安田純平さんの映像が公開されましたが、この映像を今になって公開した背景には拘束している武装組織の状況の変化があると見られています。
    シリアでは長年の内戦が終結に向かって動いており、シリア政府軍は攻勢によってイドリブ県以外の大半を制圧しました。

    安田純平さんを拘束した武装組織は「フッラース・ディーン」というシリアを拠点している団体だと見られ、その拠点がイドリブ県にあると見られているのです。

    つまり、シリア政府軍の攻撃で危機的になっているからこそ、人質を今のうちに換金して逃げようとしていると言えるでしょう。一部のジャーナリストやメディアは「もう時間がない」「これが最後のチャンス」と指摘しているほどで、この感じだとシリア政府軍の総攻撃までが奪還交渉の最終期限になりそうです。

    身代金は150万ドルから50万ドルに値下げ?安田さん換金を急ぐ武装勢力の狙いとは
    https://www.fnn.jp/posts/00344810HDK

    政府軍によるイドリブ総攻撃を前に、同組織は外国人人質を早急に金に替えて、逃亡を図る狙いがあるのだろう。

    その証左として、安田さんの動画公開と同じタイミングで、もう一人イタリア人のアレッサンドロ・サンドリーニさんの動画も公開されている。

    2016年にトルコで拘束されシリアに移送されたとみられるサンドリーニさんはこの動画の中で、撮影日は7月19日であり、「我々は耐え難い状況におかれている」とした上で、これがイタリア政府に対する最後の懇願だと述べている。


    0 0


    来月に行われる自民党総裁選を巡って、竹下派の意見が割れています。竹下派の参院議員(21人)は「石破氏に恩義がある」と主張し、31日の幹部会合でも石破氏を支持する方向で意見を確認しました。

    逆に衆議院の竹下派は安倍晋三首相を支持している議員が多く、このままだと竹下派は分裂状態になる可能性が高いです。派閥会長の竹下亘総務会長は8月9日までに対応を表明する予定ですが、参議院の石破支持は揺らがないと見られています。

    総裁選の結果次第では石破氏が大きな動きに出るとも言われているだけに、今回の総裁選で石破氏を応援する議員がどのくらい出てくるのかが重要だと言えるでしょう。

     

    竹下派、分裂選挙濃厚=参院側石破氏支持へ―自民総裁選
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180731-00000097-jij-pol

    9月の自民党総裁選で、自民党竹下派の参院議員(21人)は31日、石破茂元幹事長(61)を支持する方向となった。
    派閥会長の竹下亘総務会長は8月9日までに、同派の対応を表明する見通し。ただ、同派の衆院側(34人)は安倍晋三首相(63)支持が大半を占めており、派内で対応が割れることが濃厚だ。


    0 0

    *東京五輪
    2020年の東京オリンピックについて、大会組織委員会の森会長が改めて「福島県での試合を増やすべきだ」と主張しました。

    7月31日に森会長はの野球・ソフトボールの会場となる福島市の球場を視察し、報道陣に対し「地方球場として立派だ。国際競技団体との話し合いで野球の試合数が増えたので、競技場を増やさずに受け皿を作るには、福島で増やすことを考えざるをえない。日程上の問題もあるが、福島県が作った立派な球場で1試合でも2試合でもできたらいいなという気持ちになっている」などと発言したと報じられています。

    今の時点で福島県の「県営あづま球場」を使う試合は、ソフトボールと野球の開幕戦となっていました。これに追加する形で森会長は検討しており、福島市での試合を増やすために国際競技団体やIOCと協議する方向だと明らかにしました。

    ただ、依然として福島には福島原発事故の放射能汚染が残っている上に、海外からは危険な場所として強く警戒されています。東京オリンピックなのに福島を会場とすることにも疑問の声が多く、後々で大きな問題になるかもしれません。

     

    東京五輪 森会長 福島での野球・ソフトボール試合増に意欲
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180731/k10011557151000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004

    2020年東京オリンピックの野球・ソフトボールの会場となる福島市の球場を31日に大会組織委員会の森会長が初めて視察し、福島市で実施する試合数を現在の計画より増やすことに意欲を示しました。


    0 0


    8月2日は高気圧の影響で全国的に猛暑となっています。名古屋では昼の気温が40℃近くまで上昇し、外出するのも辛い環境になりました。隣接県の岐阜県でも39℃を超えるような猛暑日となり、東京の気温も37℃を観測。
    本州のほぼ全域で猛暑日を観測し、気象庁は熱中症への厳重警戒を呼び掛けています。

    熱中症になったときは涼しい木陰や室内で体を安静にした上で、シッカリと塩分やミネラル、糖分などが含まれた水分を補給することが大切です。
    猛暑時の外出する時は、市販のミネラルウォーターやスポーツドリンクは出来るだけ持ち歩いたほうが良いと言えるでしょう。

     

    危険な暑さ 名古屋で40度近くに 熱中症に厳重警戒
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180802/k10011560231000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

    2日も広い範囲で猛暑日となり、名古屋市では気温が40度近くに達するなど、各地で命に関わる危険な暑さとなっています。熱中症に厳重に警戒し日中の運動を控えるほか、室内ではためらわずに冷房を使い、こまめに水分を補給するなど対策を取ってください。

    気象庁
    https://www.jma.go.jp/jp/yoho/000_temp_today.html


    0 0

    *東京医科大
    東京医科大(東京)医学部医学科の一般入試で不正行為があったことがわかりました。報道記事によると、東京医科大は女性医師を減らすために女子受験者の得点を一律に減点し、合格者数を抑えていたとのことです。

    女性医師を削減する目的な女性の結婚や出産による離職懸念で、大学関係者は「いわば必要悪。暗黙の了解だった」などとコメントしています。
    このような不正行為に対し女性医師や受験者からは「時代遅れだ!」「大学として論外!」「ならば男子校にしろ」というような批判の声が殺到。

    現在進行系で大炎上中で、大学への抗議を呼び掛ける声も飛び交っていました。

     

    離職の恐れで女性医師敬遠、関係者「必要悪だ」
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20180801-OYT1T50132.html

     東京医科大(東京)医学部医学科の一般入試で、同大が女子受験者の得点を一律に減点し、合格者数を抑えていたことが明らかになった。同大出身の女性医師が結婚や出産で離職すれば、系列病院の医師が不足する恐れがあることが背景にあったとされる。水面下で女子だけが不利に扱われていたことに対し、女性医師や女子受験生からは「時代遅れだ」との声が上がる。


    0 0


    自民党の杉田水脈議員が雑誌のインタビューなどでLGBT(同性愛者)を強く批判していた問題で、自民党が公式ホームページ上で異例の見解を表明しました。

    自民党は公式ホームページ上で「わが党は公約に掲げたように性的な多様性を受容する社会の実現を目指し、性的指向・性自認に関する正しい理解の増進を目的とした議員立法の制定に取り組んでいます」と述べ、LGBTを容認する方向で取り組んでいるとアピール。

    その上で、杉田水脈議員の発言は問題があったとして、「今回の杉田水脈議員の寄稿文に関しては、個人的な意見とは言え、問題への理解不足と関係者への配慮を欠いた表現があることも事実であり、本人には今後、十分に注意するよう指導したところです」というような注意対応をしたと明らかにしました。

    党が公式ホームページで議員個人の問題発言を取り上げるのは異例で、それだけ自民党側も事態を重く見て動き出したのだと言えるでしょう。
    一方で、指導しか対応をしておらず、議員辞職を含めた具体的な処分の情報は書いてありませんでした。

     

    自民党 LGBTに関するわが党の政策について
    https://www.jimin.jp/news/policy/137893.html

    2018年8月1日
    自由民主党

    わが党のLGBTに関する政策については、「性的指向・性自認に関する特命委員会」において議論され、平成28年5月、「性的指向・性自認の多様なあり方を受容する社会を目指すためのわが党の基本的な考え方」が取りまとめられ、同年7月の参議院選挙及び昨年の衆議院総選挙の公約に明記されたところです。わが党は、公約に掲げたように性的な多様性を受容する社会の実現を目指し、性的指向・性自認に関する正しい理解の増進を目的とした議員立法の制定に取り組んでいます。

    今回の杉田水脈議員の寄稿文に関しては、個人的な意見とは言え、問題への理解不足と関係者への配慮を欠いた表現があることも事実であり、本人には今後、十分に注意するよう指導したところです。

    わが党は、今後ともこの課題について、各国の法制度等を調査研究しつつ、真摯かつ慎重に議論を進め、議員立法の制定を目指していく所存です。
    皆様のご理解とご協力をお願いいたします。


    0 0

    *杉田水脈議員
    杉田水脈議員のLGBT発言について安倍晋三首相の事務所は具体的なコメントを控えていましたが、今日になって「人権が尊重され、多様性が尊重される社会を目指すのは当然だ」というようなコメントを出しました。

    これは自民党の杉田水脈議員がLGBT(同性愛者)を「生産性が無い」などと批判した問題で、自民党も公式ホームページを通して厳重注意をしたと発表したばかりです。
    杉田水脈議員は安倍晋三首相や周囲の支持者らが推薦した議員でもあり、安倍首相の尽力が当選に繋がったと言われています。

    それだけに安倍首相にとっては、杉田水脈議員の問題が頭痛の種になっている可能性が高いです。

     

    多様性尊重するのは当然と安倍首相
    https://this.kiji.is/397628964359013473

    安倍晋三首相は2日、性的少数者(LGBT)への行政支援に疑問を示した自民党の杉田水脈衆院議員の寄稿に絡み「人権が尊重され、多様性が尊重される社会を目指すのは当然だ」と述べた。

    首相の考えは? 事務所「回答は控える」
    https://mainichi.jp/articles/20180802/k00/00m/010/021000c

     自民党の杉田水脈衆院議員が月刊誌への寄稿で、性的少数者(LGBTなど)を「生産性がない」とあからさまに否定した問題。自民党内でも擁護と批判が交錯しているが、肝心の自民党総裁である安倍晋三首相はどう考えているのか。【宇多川はるか】


older | 1 | .... | 9 | 10 | (Page 11) | 12 | 13 | .... | 74 | newer