Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 721 to 740 of 1808)
(showing articles 721 to 740 of 1808)

Channel Description:

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

older | 1 | .... | 35 | 36 | (Page 37) | 38 | 39 | .... | 91 | newer

    0 0


    11月30日の記者会見で秋篠宮さまから大嘗祭(だいじょうさい)への国費支出に否定的なコメントが発表された件で、国側が火消しに走り出しています。

    秋篠宮さまの記者会見が終わった後に西村康稔官房副長官は「国費で支弁することがすでに閣議で口頭了解されている」とのコメントを発表し、国費として支出することは決定事項だと強調。
    更に続けて、「代替わりに伴う式典は現行憲法下において、十分な検討が行われたうえで挙行された」と述べ、現行憲法下において十分な議論や検討を得て合法的に決まったとも言及しています。

    政府としては秋篠宮さまが政教分離原則や国費支出に触れた部分が気に障ったようで、あえて現行憲法下で問題がないと強調することで火消しをした形です。首相官邸幹部も「内廷費の予算規模では無理。その分、増やすだけのことになり、現実的ではない」というようなコメントを出して、大嘗祭は予定通りに行うべきだとアピールしています。

    国民の反応はかなり好意的な内容が多く、秋篠宮さまが庶民的な感覚を持っているとして共感の声が多かったところです。

     

    「秋篠宮さま発言、従えば政治的発言に」火消し急ぐ政権
    https://www.asahi.com/articles/ASLCZ532PLCZUTFK00V.html

    秋篠宮さまの発言を受けて、西村康稔官房副長官は30日の記者会見で「国費で支弁することがすでに閣議で口頭了解されている」と述べ、皇室の公費「宮廷費」を支出する考えに変わりないことを強調した。「代替わりに伴う式典は現行憲法下において、十分な検討が行われたうえで挙行された」とも語り、平成への代替わりの際に議論を尽くしたとの姿勢を示した。

    秋篠宮さまが大嘗祭めぐり異例の言及 記者も息のみ空気張り詰めるhttp://news.livedoor.com/article/detail/15672922/

    。その場で記者から「お代替わりの行事や儀式に関してのお考えを聞かせ下さい」という質問が出ました。それに対し、秋篠宮さまは「皇室の行事では私の考えというものもあってよいのではないかなと思う」という趣旨の発言をされたのですが、記者が重ねて「具体的にはどうですか?」と言うと、費用に関する意見や長官への批判を話されました。この時は記者も息をのんで空気がピンと張り詰めた状況でした。


    0 0


    安倍政権が強力に推進している「変形労働時間制」について、ネット上で批判の声が噴出しています。物議を醸しているのはNHKが報道した新しい労働制度による教師の労働時間グラフで、今までの残業時間が大幅に減った代わりに「定時」が大幅に増加。
    結果的に総合的な労働時間が変化せず、残業時間が減った代わりに他の負担が増大しています。

    このグラフはSNSで「変形労働時間制の真実」として拡散され、3000回を超えるリツイートがありました。グラフを見た国民からは安倍政権や政府の方針に怒りの声が相次ぎ、「子供だましだ」「グラフを見てヤバさがわかった」などと働き方改革に批判的な声が多く見られたところです。



    0 0

    *ブッシュ大統領
    ジョージ・ブッシュ氏の父親であるジョージ・ハーバート・ウォーカー・ブッシュ(George Herbert Walker Bush)元大統領が死去しました。年齢は94歳で、現職時代は冷戦の終結宣言や湾岸戦争を行ったことが知られています。
    近年は年齢から活動が少なくなっており、94歳という年齢は歴代大統領の中でも上位に入る最高齢です。

     

    ジョージ・H・W・ブッシュ元米大統領が死去
    https://www.cnn.co.jp/usa/35129479.html

    (CNN) 第41代米大統領を務めたジョージ・H・W・ブッシュ氏が死去したことが12月1日までにわかった。94歳だった。


    0 0


    12月1日にフランスのパリで大規模な抗議デモがあり、治安部隊と衝突しました。このデモ運動はマクロン大統領の増税路線に抗議している住民らが集まって行われ、数万人から数十万人の人たちが集まったと報じられています。
    最初は平穏な抗議デモでしたが、一部のデモ隊が暴徒化したことで治安部隊との衝突が始まり、デモ運動に参加した260人以上が拘束されました。

    あまりにも激しい衝突から地元メディアは「まるでフランス革命のようだ」と取り上げているほどで、パリの街は一時黒煙に覆われるほどの事態となります。
    マクロン大統領は若さやグローバル路線のアピールで当選しましたが、最近は増税路線が明確になったことで反対運動が拡大しているところです。

     

    パリのデモ、負傷者100人に=各所で黒煙、地下鉄も閉鎖
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018120200038&g=int

    【パリ時事】パリで1日、フランス政府の自動車燃料税の増税などに反対して行われた大規模デモで、カスタネール内相は、治安部隊員を含む約100人が負傷したと明らかにした。暴徒化した一部のデモ参加者は警察車両に放火して銃器を奪い、店舗の窓ガラスを破壊。仏紙ルモンドによれば、260人以上が拘束された。市内各地から黒い煙が立ち上り、パリは混乱に包まれた。


    0 0


    12月1日からアルゼンチンで20カ国・地域(G20)首脳会議が始まりました。日本のトップとして参加した安倍晋三首相は開幕演説に遅刻する場面があり、苦笑いを浮かべながら早足で会場入りする場面が世界で報道されます。
    海外メディアは時間に厳格な日本人が遅刻するのは珍しいとして、「日本人は時間に正確なはずだが」と皮肉交じりで安倍首相の遅刻を取り上げていました。

    会議はブッシュ元大統領の訃報でトランプ大統領が会見を中止するなどのトラブルが有りましたが、概ねは予定通りに進んでいます。アメリカのトランプ大統領からは日本に対して、F35戦闘機の大量購入に感謝を表明する場面もあったところです。
    ただ、同時にアメリカの対日貿易赤字がまだ膨大だとして、今後も引き続きアメリカの対日貿易赤字を減らすように日本も努力してほしいと要求。

    これに対して安倍晋三首相は日米は連携することが重要だと強調し、引き続きアメリカと友好的な関係を持続させるとしています。今回のG20ではアメリカの保護主義路線と中国や欧州のグローバル路線の対立が目立ち、首脳宣言にも「保護主義と闘う」との文言は入りませんでした。

     

    安倍首相、G20開幕演説に間に合わず=地元メディア「日本人なのに」https://www.jiji.com/jc/article?k=2018120100174&g=pol

     急きょ日仏首脳会談が設定されたため、首相が会場に到着した際には、議長を務めるアルゼンチンのマクリ大統領の開幕演説が既に始まっていた。円卓でマクリ氏の右隣という目立つ席には、麻生太郎副総理兼財務相が代わりに着席。首相は演説開始から約1分後に、苦笑いを浮かべながら早足で会場入りした。
    地元メディアからは、時間に厳格な日本の印象からか、首相の「遅刻」について「日本人は時間に正確なはずだが」と驚きの声も上がった。(2018/12/01-11:36)

    G20「保護主義と闘う」明記せず 首脳宣言採択し閉幕 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38444410S8A201C1000000/

    【ブエノスアイレス=杉原淳一】アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで開かれていた20カ国・地域(G20)首脳会議は1日(日本時間2日未明)、首脳宣言を採択して閉幕した。合意にはこぎ着けたものの、米国の反対により「保護主義と闘う」との文言を盛り込めなかった。保護主義が国際協調の枠組みを揺さぶり続けている。


    0 0


    総務省が公開したた2017年分の政治資金収支報告書に、有名なコメンテーターたちの名前が並んでいることが分かりました。政治資金収支報告書に名前が記載されていたコメンテーターは三浦瑠麗氏や田崎史郎氏、門田隆将氏、星浩氏などで、全体的に数万円前後のやり取りが多かったです。

    三浦氏は与党系の講演会にも出演していることで知られ、表向きには保守系の国際政治学者となっていますが、その発言内容は野党批判からの自民党誘導が大半となっています。
    田崎史郎氏も同じような傾向があり、与党と金銭的なやり取りがあったことが示されただけでも大きな意味があると言えるでしょう。

    政治資金収支報告書
    http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/contents/SS20181130/0000501346_05.pdf


    0 0

    *官邸
    来年度予算案で初めて一般会計の総額が100兆円を突破することになりました。財務省によると、来年度は消費増税に合わせて実施する経済政策や国土強じん化計画による支出が増大し、一般会計だけで100兆円を超える規模になるとのことです。

    消費増税に合わせた景気対策にはキャッシュレス化を促進するためのポイント制度の導入や省エネ住宅への支援などが数千億円規模であり、国土強じん化計画でもインフラの防災対策強化などで1兆円を超える見通しになっています。
    防衛費も増加することが確定し、こちらも新兵器の導入や旧式武器の更新から5兆円を超える数字となりました。
    年金や医療などの社会保障費も高齢化で今年よりも5000億円前後増えて、結果的に一般会計が100兆円以上に膨れ上がっています。

    国民からは消費増税の中止や見直しを求める声が依然として多く、税収を増やすための増税政策が一般会計を圧迫してアベコベになっていると言えるでしょう。

     

    来年度予算案 100兆円突破へ 財政健全化に向けた道のり険しく
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181201/k10011730701000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004

    国の来年度予算案が、一般会計の総額で、初めて100兆円の大台を突破する見通しとなったことが分かりました。消費増税に伴う景気対策や、国土強じん化対策などによって予算規模が膨らむ見込みとなったもので、財政健全化に向けては、より道のりが険しくなりそうです。


    0 0


    国際オリンピック委員会(IOC)が2020年東京オリンピックに関する中間報告を発表し、その中で猛暑による健康被害の恐れがあることから複数の競技で時間帯の変更が必要だと言及しました。

    報道記事によると、具体的に時間の変更が必要な競技として名前が出たのは陸上のマラソンや競歩の他、自転車マウンテンバイク、ラグビーで、競技時間の午前繰り上げ案や夜への延期案が浮上しているとのことです。
    既に陸上やマラソンは午前7時から6時への前倒しが検討されていますが、他の競技でも合わせて猛暑の時間帯を避けるように要請した形だと言えるでしょう。

    組織委の武藤敏郎事務総長は「輸送や放送、公共交通機関の運営にも影響する。早く対応する必要がある」とコメントを発表し、早い時期に検討するとしています。
    国民からは「時期を変えろ!」「時間よりも時期が悪すぎる」などと批判の意見が多く、夏から秋に開催をズラすように求めるコメントが多く見られました。

     

    東京五輪、暑さで時間変更必要 IOC中間報告、複数競技で
    https://www.daily.co.jp/general/2018/12/01/0011867323.shtml

     国際オリンピック委員会(IOC)は1日、理事会最終日の審議を東京都内で行い、2020年東京五輪の暑さ対策を検討するIOC作業部会が複数の競技で時間帯の変更が必要とする中間報告を行った。大会組織委員会関係者によると、既に午前7時から6時などへの開始時刻前倒しを検討している陸上のマラソンや競歩の他、自転車マウンテンバイク、ラグビーに関して言及があった。


    0 0


    ブルボンのチョコチップクッキーが密かに値上げをしていると話題になっています。ネット上で指摘されているのはブルボンが販売している15枚入りのチョコチップクッキーで、今までは15枚入りで98円となっていましたが、それが9枚入りで128円に変化。

    販売店舗によって多少の値段差があるみたいですが、前とほぼ変わらない値段で中身が15枚から9枚になっていました。メーカー側は「一枚が大きくなった」と説明していますが、市民からは「気休め程度だ」「値上げと同じ」「せこいやり方」などと不満の声が相次いでいます。

    数年ほど前からアベノミクスの円安による影響で日用品の値上げが増えていますが、同時に商品の中身だけを減らして隠れ値上げを実施するメーカーも多いです。

     


    0 0


    先日に引き続き今日もフランスの首都パリで大規模なデモ運動がありました。このデモ運動は自動車燃料税の増税に反発する形で拡大し、フランス全体で7万人以上が参加。パリの凱旋門付近では治安部隊との衝突が相次ぎ、今日だけでも260人以上が拘束されたと報じられています。
    ツイッターなどのSNSには地元住民から現地の様子がリアルタイムで投稿され、その様子に「まるで戦争のようだ」「あのパリが変わってしまった・・・」などと驚きの声が多く見られました。

    住民からの不満は依然として根強く、マクロン大統領が増税の見直しに応じなければ今後もデモは拡大することになりそうです。


    0 0


    11月24日に台湾で行われた住民投票で日本産食品の輸入規制継続を求める声が多数となり、台湾が輸入規制の継続を決定した問題で、日本側がWTO(世界貿易機関)への申し立てを含めて抗議する方向で検討していることが分かりました。

    台湾では先月に住民投票が行われ、結果は禁輸反対が約223万票で、禁輸継続が約779万票と圧勝。この投票結果を受けて、台湾政府は2011年の福島原発事故から続けていた福島、茨城、栃木、群馬、千葉の5県を対象にして禁輸を継続すると表明しました。
    この禁輸継続に強く反発しているのが日本政府で、河野太郎外相はWTO(世界貿易機関)への申し立てを含めて強く抗議するとしています。

    報道記事によると、12月2日に開かれた会合の中で河野大臣は「輸入規制が科学的根拠に基づかず、政治的な抗争に使われてしまっている」「住民投票で決めるのはどう考えてもWTOの協定に反している」などと述べ、台湾の規制継続に反対する意向を示したとのことです。
    日本政府と台湾政府の認識の違いが浮き彫りになったとも言え、この問題は長引くことになるかもしれません。

     

    台湾の日本産食品輸入規制 河野外相 WTO申し立ても
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181202/k10011731911000.html?utm_int=all_side_ranking-social_005

    福島など日本5県産食品「禁輸継続」に 住民投票
    https://mainichi.jp/articles/20181126/k00/00m/030/065000c



    0 0


    元プロ野球選手で今は野球解説者として活動をしている大島康徳さんがブログを更新し、大腸がんで抗がん剤治療の変更を悩んでいると報告しています。大島さんはしばらく前から肝臓にもがんが転移しており、それに合わせて抗がん剤治療薬を変更するように医師側から要請があったと報告。

    大島さんはブロク上で「先生の考え方やお気持ちは十分理解しております。もう新しい薬での治療に切り替えるタイミングはずいぶん前から来ているのですから… 大島さん!早く決断して下さい!ということだと思います。でも、私は粘ります。来月受けるPET-CTの結果が出るまでは、少なくとも変えるつもりはないのです」と述べ、自身はまだ今の薬を変えるつもりはないとコメントしています。

    この記事はファンを中心に注目を集め、大島さんへの応援コメントと同時に、抗がん剤治療の是非に関しても議論が巻き起こっていました。

    抗がん剤を巡っては「人体に有害だ」という話があり、専門家や国によっても意見が割れているところです。元々抗がん剤の起源は第一次世界大戦で使われた毒ガス・マスタードガスで、細胞分裂の阻害を引き起こす効果を強化したのが抗がん剤だと言われています。
    現在の抗がん剤は色々と改善されていますが、それでも根本的な副作用は残ったままです。

    医師によっては抗がん剤治療を強く勧めてくるところもあるようで、抗がん剤のリスクは治療を受ける前にシッカリと把握しておくべきだと言えるでしょう。

     

    先日の血液検査の結果は
    https://ameblo.jp/ohshima-yasunori/page-10.html

    2018-11-29 19:11:00
    テーマ:ブログ

    少し遅くなりましたが治療前に受けた血液検査の結果についてお話させて頂きます。
    治療を受ける為の条件は全てクリア。

    内蔵の機能も大丈夫。

    腫瘍マーカーは緩やかな上昇傾向が続いていて今回も数値は上がっています。

    が!大きく上昇しているということでもありません。

    こして、これは血液検査ではありませんが血圧も安定しています。

    つまり私の体調は悪くありません。

    なので…抗がん剤の薬を変える!という決断が出来ずにいる状況が続いているわけです。

    先生の考え方やお気持ちは十分理解しております。

    もう新しい薬での治療に切り替えるタイミングはずいぶん前から来ているのですから…

    大島さん!早く決断して下さい!

    ということだと思います。

    でも、私は粘ります。

    来月受けるPET-CTの結果が出るまでは、少なくとも変えるつもりはないのです。

    先生のお気持ちは分かります。妻の気持ちも分かります。

    でも
    受けるかどうかを決めるのは私自身なのですから

    マスタードガス
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B9

    マスタードガスは遅効性であり、曝露後すぐには被曝したことには気付かない。皮膚以外にも消化管や、造血器に障害を起こすことが知られていた。この造血器に対する作用を応用し、マスタードガスの誘導体であるナイトロジェンマスタードは抗がん剤(悪性リンパ腫に対して)として使用される。

    ナイトロジェンマスタードの抗がん剤としての研究は、第二次世界大戦中にアメリカ合衆国で行われていた。しかし、化学兵器の研究自体が軍事機密であったことから、戦争終結後の1946年まで公表されなかった。一説には、この研究は試作品のナイトロジェンマスタードを用いた人体実験の際、白血病改善の著効があったためという。


    0 0


    携帯電話メールの元祖と言われているポケットベル(ポケベル)のサービスが来年9月に終了することが分かりました。発表によると、全国で唯一ポケベルを使った無線呼び出しサービスを展開している東京の通信会社が、採算性の問題でこれ以上のサービス継続は不可能と判断し、来年でポケベルのサービスは全て終了になるとのことです。

    ポケベルは昭和43年に発売され、それから携帯電話メールの先駆け的な存在として流行していました。ただ、携帯電話が普及してからはポケベルの使用率が激減しており、今では一部の医療機関くらいしか日常的に使っていない状態となっています。

    ネット上でポケベルを懐かしむ声が多く見られ、突然の終了発表に困惑の声もありました。


    0 0

    *官邸
    12月にJNNが行った世論調査で、外国人労働者を大量に受け入れるための入管法改正案に6割が反対していることが分かりました。先日に衆議院本会議で可決された入管法改正案への賛否は、「評価する」と答えた人が僅かに26%で、「評価しない」が61%。今国会での成立に関しても賛成意見は25%だけとなっています。
    国会の審議過程で問題点が浮き彫りになった上に、審議時間そのものが少なかったことで国民の入管法改正案への不信感が強まった可能性が高いと言えるでしょう。

    また、来年に予定されている消費増税についても反対が52%に増加しています。賛成意見は39%に減少し、政府が景気対策の一環で検討しているポイント還元に至っては60%が反対でした。
    内閣支持率は微増して52.8%、不支持率は44.3%となっています。

     

    安倍内閣 支持率は?調査日 2018年12月1日,2日 定期調査
    https://news.tbs.co.jp/newsi_sp/yoron/backnumber/20181201/q1-1.html


    0 0


    日産のカルロス・ゴーン前会長が金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで逮捕された事件で、ゴーン氏が嘘の自白を強く拒否していることが分かりました。報道記事によると、ゴーン氏は関係者に「うその自白をすると自分の評判が落ちるので耐えられない」などと述べ、一貫して容疑を否認しているとのことです。

    検察側は報酬を低く見せるために虚偽記載を意図的にやった可能性があるとして追求しているだけに、これ以上の追加証拠が出なければ、ゴーン氏が優勢となる可能性もあるかもしれません。日本の警察では自白をさせて有罪に持ち込むケースが有ることから、司法制度の面からも今回の件は色々と物議を醸しています。

     

    前会長「うその自白耐えられず」一貫して容疑を否認
    https://this.kiji.is/442070171560821857

    金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで逮捕された日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者(64)が周囲に「うその自白をすると自分の評判が落ちるので耐えられない」と話していることが3日、関係者への取材で分かった。一貫して容疑を否認しているとみられる。


    0 0


    12月3日にユーキャンから2018年の流行語大賞が発表され、今年の「新語・流行語大賞」に汎用性の高さと多くの人たちに親しまれたことから、オリンピックで銅メダルを獲得したカーリング女子の「そだねー」が選ばれました。

    他にも奈良判定や#MeToo、半端ないって、eスポーツ、おっさんずラブ、災害級の暑さ、ご飯論法、スーパーボランティア、ボーっと生きてんじゃねーよ!がトップテンにランクインしています。

    一方で、トップテンに入った「スーパーボランティア」の尾畠春夫さんは受賞を辞退し、表彰式を欠席しました。尾畠さんはメディアに対して、「私は当たり前のことをしていただけでスーパーになるようなことはしていません」とコメントを発表し、自分の行為がスーパーとされていることに違和感があると指摘。

    この結果についてネット上では審査基準で賛否両論の議論が起きており、「ネットの流行語大賞」「グーグルトレンドの流行語大賞」などが出回っていました。

    毎年恒例の流行語大賞ですが、最近はその審査基準に不満を持つ意見が増えているところです。実際にネットの反応や話題になった単語とも違いが見られ、流行語大賞との差が非常に興味深いと言えるでしょう。

     

    ユーキャン 流行語大賞
    https://www.jiyu.co.jp/singo/


    0 0


    皇族の秋篠宮さまが誕生日の記者会見で宮内庁や政府に対して苦言を呈した問題で、宮内庁の西村泰彦次長が見解を示しました。
    12月3日の記者会見で西村次長は「宮内庁に対する叱責」「二度とこのようなことがないよう、しっかりと対応してまいりたい」などと述べ、今後は注意深く対応するとしています。

    秋篠宮さまは11月30日の記者会見で宮内庁や政府の国費の使い方に問題があるとして、予算配分を見直してほしいと指摘。具体的には代替わりに伴う大嘗祭(だいじょうさい)への出費が政教分離原則の観点から疑問があるとも言及し、宮内庁が聞く耳を持ってくれないとコメントしていました。

    この発言を受けて国民の方は様々な意見が飛び交い、宮内庁の対応を批判する声から秋篠宮さまを批判する意見まで賛否両論となっています。
    ただ、秋篠宮さまがここまで言及したのは異例中の異例で、宮内庁のコメントを見ても、宮内庁は相変わらず秋篠宮さま達の意見を軽んじているように見えると感じるところです。

     

    「宮内庁に対する叱責」 秋篠宮さま大嘗祭ご発言で同庁次長が見解
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181203-00000535-san-soci

     宮内庁の西村泰彦次長は3日、秋篠宮さまが誕生日に先立つ会見で、代替わりに伴う大(だい)嘗(じょう)祭(さい)を政府決定の国費ではなく天皇ご一家の私的活動費でまかなうべきとし、同庁の山本信一郎長官に対し「聞く耳を持たなかった」と発言されたことについて、「しっかりした返答をしなかったことへの宮内庁に対するご叱責と受け止めている」との見解を示した。


    0 0


    7月から9月の国内総生産(GDP)が下方修正となる可能性が高いことが分かりました。12月3日に財務省が発表した7~9月期の法人企業統計によると、季節調整済みの設備投資が前期比で4.0%の減少となり、5期ぶりの下落を記録しています。

    これによって7~9月期の国内総生産(GDP)成長率も速報値から下方修正される見通しになりました。当初の速報値では数字をやや大きく盛り込んだというような話も聞こえ、その反動で下方修正の値も大きくなりそうです。

     

    四半期別法人企業統計調査 概要
    https://www.mof.go.jp/pri/reference/ssc/results/2018.7-9.pdf

    7~9月期GDP、マイナス幅拡大の見方
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38457880T01C18A2EE8000/

    7~9月期の国内総生産(GDP)成長率が速報値から下方修正されるとの見方が出ている。財務省が3日に発表した7~9月期の法人企業統計で、ソフトウエアを除く設備投資が前期比でマイナスになったためだ。4~6月期の伸びが大きかった反動もあるが、日本経済の成長をけん引してきた企業の設備投資は鈍化がにじみ始めている。


    0 0

    数日前から続いているフランスの大規模な反増税デモで、警官隊が市民との争いを避けるためにヘルメットを外して和解の意思を示した場面が話題になっています。
    この様子を撮影した映像はツイッターで1万回以上もリツイートされ、全世界から「素晴らしい警官たちだ」「力で押さえつけるより平和的」などと称賛の声が相次いでいました。

    ただ、このような場面は全体の一部だけで、拡大しているデモ運動にフランス政府は強硬手段を連発して強引に解散を迫っています。12月3日はフランス・パリで400人以上が拘束され、更にフランス政府は対抗措置として非常事態宣言の発令を検討中だと発表。
    非常事態宣言が発令された場合、今まで以上に強い手段を行使してデモ隊や暴徒を強引に解散させることが可能となります。

    一方で、市民からは「国民に冷たい大統領」「聞く耳を持ってくれない」などと不満の声が続出し、今週土曜日にも再び大きな抗議デモを行う予定です。

    ↓ヘルメットを取って和平の意思を示す警官隊

     

    パリで3週連続の抗議デモ、仏政府が「非常事態」に言及
    https://www.cnn.co.jp/world/35129507.html

    パリ(CNN) フランスのパリで燃料価格の高騰に抗議するデモが3週連続で行われ、一部が暴徒化している事態について、政府報道官は2日、暴動の深刻化を防ぐため、非常事態の導入も含めて「あらゆる選択肢」を検討すると表明した。

    ‘This is the start of a revolution’: Paris rioters steal police assault rifle, torch dozens of cars and vow to ‘stay in the streets until Christmas’ as fuel protests continue into the night and spread across France – and even to Holland
    https://www.dailymail.co.uk/news/article-6449407/Fresh-violence-Paris-riot-police-use-tear-gas-batons.html

     


    0 0

    *民進党
    去年の衆議院選挙で民進党の政治資金が立憲民主党や希望の党、無所属に事実上流出していたことが分かりました。

    これはNHKが報道しており、勢力別だと旧希望の党の候補者に合わせて19億6000万円、立憲民主党の候補者に合わせて6億6500万円、無所属の候補者に合わせて5億8000万円となっています。
    総務省が公表した政治資金収支報告書には候補者を通して資金が流出していた旨の記載が見られ、表面上はあくまでも候補者個人が自分の意志で動かした資金となっていました。

    民進党は大半の収入が「政党助成金」だったことから、民進党用の政党交付金を別の政党で使っていることについて色々と賛否両論の意見があるところです。

     

    総務省 政治資金収支報告書
    http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/reports/SS20181130/SF/000080.html

    民進党の32億円「希望」「立民」「無所属」に事実上流出
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181204/k10011733411000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

    去年の衆議院選挙で候補者を擁立しなかった当時の民進党が、ほかの政党などから立候補した民進党の出身者に合わせて32億円余りを支出していたことが、総務省が公表した政治資金収支報告書から分かりました。こうした資金の一部は候補者を通じてほかの政党に寄付されるなどし、民進党の資金が事実上ほかの政党に流れる形になっていました。


older | 1 | .... | 35 | 36 | (Page 37) | 38 | 39 | .... | 91 | newer